「平成30年7月豪雨」

6C273785-D519-4C60-8863-110AA7A40C95
「平成30年7月豪雨」
この度の広範囲にわたる豪雨について、多大なる被害が出ました。
豪雨により被災された方々にお見舞い申し上げるとともに、
亡くなられた方やご家族の方には、心よりお見舞い申し上げます。

また、まだ見つかってられない方につきましては、
1日も早く無事にご家族の元に帰られ、復興されることをお祈り申し上げます。   合掌

 番場裕之

国際ヨーガ・デー in テヘラン〜イラン〜のご報告

7AC0205B-A718-47FF-BFAA-7D268C13C955雄弘ヨーガのイラン支部代表の鈴木悦子氏(中東方面特任講師)から、国際ヨーガ・デーに関する活動報告が届きましたので、引用してお知らせします。

国際ヨーガ・デー 2018(IDY)について
①6月21日(木曜日)“雄弘ヨーガIDY 記念集会”がテヘラン中部に位置する大公園(書籍庭園)にて行われました。FBE17C99-DD82-4FEE-A66E-1D4E16D80003日中には35度を超える真夏日でしたが、早朝の7時より70名を越えるヨーギニー(女性のヨーガ実践者)と家族・友人たちが参加しました。

今年はエムエス協会への支援と言うことでもあり、やさしいヨーガ、呼吸ウォーキングにふさわしい公園で行いました。雄弘ヨーガの呼吸と足の体操をしてから、ももいろ月見草の咲き誇る道でのウォーキングはゆったりとリズミカルで楽しくなる運動でした。そして、恒例のスイカ割りゲームと4個の真っ赤なおいしいスイカをを楽しみました。B3B6B2F8-4AF6-4734-8D34-EA989B3E386A

②7月5日(木曜日)9時より「テヘラン州ヨーガクラブ集会(IDY補填)」が行われました。先日の集会でのプログラム補填として招待され、雄弘ヨーガの紹介をいたしました。

会場はある病院のコンファランスルームで行われ、今回は持ち時間は約20分、番場裕之会長作成のビデオ「片手でバンザイをする体位」の映写をすることも出来ました(音声が一部低くなっている部分があります)。動画はこちら→https://www.instagram.com/p/Bk736jHndXs/

デモンストレーションでは、前列の来賓の方々, イランヨーガ協会会長、『ダネシ』ヨーガ専門誌編集長・ヨーギン、古参のハタヨーガ主宰者などを含む会場の方々全員が雄弘ヨーガを体験してくだされ、大変感激しました。
C4AAAE9B-7652-4291-BFBC-A5EAA9FA9575
イランではヨーガは体育協会が管理し、スポーツの一部門として扱われるのがイランのヨーガの特徴ですが、今後も雄弘ヨーガを伝えるべく、できるだけ活動していきたいと思います。

国際ヨーガ・デー(The International Day of Yoga)

79EB75D4-2CBC-4D61-A7EB-D50186C5F1506月21日は国連総会によって制定された国際的ヨーガの記念日、「国際ヨーガ・デー(The International Day of Yoga)」で、ことしはその4回目です。

当会では全国の教室で参加をお待ちしています。
これを機にヨーガを始めてみようと思う方、是非雄弘ヨーガにお出かけください。

呼吸を中心としたマインドフルなヨーガをご体験いただけます。

ご来場をお待ちしています。

問合 info@yoga-korei.org

「国際ヨーガ・デー(The International Day of Yoga)」
インド政府のページ http://idy.nhp.gov.in/static/yogahome

大阪北部地震のお見舞い

6B876D9D-3CD6-45A7-9C98-A1BD3D52B40C
今朝の大阪北部を震源とする大きな地震。わたしも京都で地震にあいました。
揺れの大きかった大阪には雄弘ヨーガの仲間がたくさんおられます。
皆さんのご無事を祈念するとともに、被災されたすべての方々にお見舞い申し上げます。

こころが宇宙のように広がっていく

IMG_9775
大学の授業後、広い体育館を占有して瞑想の時間を頂いた。

眉間の力を抜き、眼球を弛緩させ、顔、口の中も緊張を緩めていく。
すると、肩の力も抜けて心も広く宇宙のように広がっていくのを体感できます。

自ずと荒い呼吸(śvāsa-praśvāsa)か停止して、呼吸の停止を実感します。
そして心の働きもなくなってしまう(citta-vṛtti-nirodha)のです。

『5分でスッキリ 簡単ヨーガで健康に!』ペルシャ語版

IMG_9580IMG_9579IMG_9577
 

 

2008年にNHK出版から刊行された『5分でスッキリ簡単ヨーガで健康に』ですが、翌2009年に中国語(繁体字)版『禅味瑜珈』が出版されました。

そして昨年の2017年には、ペルシャ語版”TANDOROSUTI BA YOGA ASAN! TAZEGI VA TARAVAT DAR PANJI DAGIGE”が出版されました。

今回のペルシャ語版は雄弘ヨーガ・イランの鈴木悦子氏(日本ヨーガ光麗会 中東方面特任講師)の翻訳です。
雄弘ヨーガを理解している方の翻訳は大変心強く、また安心できると同時に、とても嬉しいことです。

故・佐保田鶴治祖師が先代雄弘師に託した「雄弘」のように、もっと多言語になり、雄大に弘まることを願っています。

雄弘ヨーガ・イラン国際交流セミナーを行いました

A289DA9A-0D0C-4EF4-A622-3A164C26AC02
4日間の「雄弘ヨーガ・イラン国際交流セミナー~沖縄の旅~」が閉会しました。
国内で行なったとはいえ、なかなか大きく意義深いものとなりました。

いっしょに寝食を共にして学んで、みんな仲良くなりました。もちろん、全員が言葉で通じあえたわけではありませんが、それを超えたエネルギーを感じました。
4D396E5C-AF83-409D-85F8-3F49E9101D20
イスラームというしっかりとした体制がある彼の地で日本発祥の雄弘ヨーガがしっかりと実践されている。『瑜伽経三十頌』を一緒に読誦し、普段と同じようにヨーガができました。そのことにとても感銘を受けました。
遠国のイランから仲間を連れてきてくださった鈴木悦子 中東方面特任講師には心から感謝いたします。
025D2ED7-B892-48F4-A10B-C3AF367869A1

D48D1A61-CB29-4FFA-AD12-475AA1931482
次は日本の仲間とイランに訪れたい思いで一杯です。今後もこうした雄弘ヨーガの国際交流をやっていきたいと思います。
7AADDFD5-C370-4B4F-BA5A-445EE4FF229F
[認定書授与式後イラン側参加者と]

米寿のお祝いをしました〜なにわ研修会・成田様〜

EFECA25E-215E-4025-BA7B-FDA37ACF8189今までにも何度かご紹介しましたが、大阪「なにわ研修会」は、もっとも高齢化が進んだ教室です。

最高齢は93歳で平均年齢は現在78歳です。

そこで、新たに88歳となられる会員、成田八重子さんを会員全員でお祝いしました。

奈良にお住まいの成田さんは、雄弘ヨーガ歴21年で、毎週、大阪上本町まで電車で通って来られています。俳画の先生をされていて、ますますお元気に活躍されています。

雄弘ヨーガはご高齢の方までどんな方にも親しんで頂けるヨーガです。
やることはしっかりと実践する厳しさもありますが、深い呼吸法を基本としているからこそ続けていただけたと思います。

高齢者社会になりつつある昨今、愉しみでもあり、健康の要ともなっているヨーガを多くの方に続けて頂きたいと思います。
以前のブログ:米寿のお祝いをしました~なにわ研修会~

肌で感じる~震災復興祈願~

IMG_1067新年を迎えて、あれよあれよという間に3月になりました。

ブログ更新も久しぶりです。そうこうしていると、あの日が近づきつつあります。

いろいろと思い出す事が多々あります。世界中が固唾を飲んで事態をも見守っていました。

去年の夏に気仙沼、陸前高田、釜石に行ってきました。
時を経て風化を懸念される現地の方々の気持ちを察しつつ、まだ明らかに残る震災遺構を確認するためでもありました。

気仙沼大島では、5階建てのうち4階までが津波に流されたマンションや津波到達を表す標識など、見て体感してはじめて分かるものが多くありました。まだ残っているのか?と思いつつ、これが震災遺構なのだと合点がいきました。
釜石のかつては港が一望できたホテルの玄関前には、ビルのような防潮堤ができていました。
IMG_6618
2012年に石巻、女川、大川小学校跡を訪れ、心ばかりの回向をさせていただきましたが、その時と比べると明らかに、”箱物”の再興はすすんでいるように見えました。本当の復興は当事者がそう感じるときなのだと感じました。
IMG_3233
まず、3月11日(日)、三重県津市の研修会の仲間と共に鎮魂と誓願を込めて、教典読誦を奉じたいと思います。

一日も早く復興の彼岸に至ることを、こころから念じてやみません。

「念念従心起。念念不離心。」 
  
          合掌