雄弘ヨーガイランのポスター 呼吸と動作の一致と「極」

1F55087E-6F26-4CF5-8668-B20B29F63050雄弘ヨーガ・イラン支部が作成した追加ポスターが届きました。

ここで使われるアーサナは、呼吸と動作を究極的にまで一致させたもので、身体と呼吸の緊張の「極」のあるダイナミックなものです。

片手でバンザイをする「胸と脇を開くアーサナ」は、雄弘ヨーガの教室ではほぼ毎回行うもので、呼吸の深まりと胸部の拡張感、肩関節の活性感が得られます。

「究極的に体側を伸ばすアーサナ」は、腰の動きを最大限に引き上げ、血流を促し、腰痛の改善にも効果的です。

下記のYouTube動画に合わせて、実践されてみてください。

胸と脇を開くアーサナ〜雄弘ヨーガテクニック〜

究極的に体側を伸ばすアーサナ〜雄弘ヨーガテクニック〜

国際ヨーガ・デー(The International Day of Yoga)

79EB75D4-2CBC-4D61-A7EB-D50186C5F1506月21日は国連総会によって制定された国際的ヨーガの記念日、「国際ヨーガ・デー(The International Day of Yoga)」で、ことしはその4回目です。

当会では全国の教室で参加をお待ちしています。
これを機にヨーガを始めてみようと思う方、是非雄弘ヨーガにお出かけください。

呼吸を中心としたマインドフルなヨーガをご体験いただけます。

ご来場をお待ちしています。

問合 info@yoga-korei.org

「国際ヨーガ・デー(The International Day of Yoga)」
インド政府のページ http://idy.nhp.gov.in/static/yogahome

大阪北部地震のお見舞い

6B876D9D-3CD6-45A7-9C98-A1BD3D52B40C
今朝の大阪北部を震源とする大きな地震。わたしも京都で地震にあいました。
揺れの大きかった大阪には雄弘ヨーガの仲間がたくさんおられます。
皆さんのご無事を祈念するとともに、被災されたすべての方々にお見舞い申し上げます。

『5分でスッキリ 簡単ヨーガで健康に!』ペルシャ語版

IMG_9580IMG_9579IMG_9577
 

 

2008年にNHK出版から刊行された『5分でスッキリ簡単ヨーガで健康に』ですが、翌2009年に中国語(繁体字)版『禅味瑜珈』が出版されました。

そして昨年の2017年には、ペルシャ語版”TANDOROSUTI BA YOGA ASAN! TAZEGI VA TARAVAT DAR PANJI DAGIGE”が出版されました。

今回のペルシャ語版は雄弘ヨーガ・イランの鈴木悦子氏(日本ヨーガ光麗会 中東方面特任講師)の翻訳です。
雄弘ヨーガを理解している方の翻訳は大変心強く、また安心できると同時に、とても嬉しいことです。

故・佐保田鶴治祖師が先代雄弘師に託した「雄弘」のように、もっと多言語になり、雄大に弘まることを願っています。

米寿のお祝いをしました〜なにわ研修会・成田様〜

EFECA25E-215E-4025-BA7B-FDA37ACF8189今までにも何度かご紹介しましたが、大阪「なにわ研修会」は、もっとも高齢化が進んだ教室です。

最高齢は93歳で平均年齢は現在78歳です。

そこで、新たに88歳となられる会員、成田八重子さんを会員全員でお祝いしました。

奈良にお住まいの成田さんは、雄弘ヨーガ歴21年で、毎週、大阪上本町まで電車で通って来られています。俳画の先生をされていて、ますますお元気に活躍されています。

雄弘ヨーガはご高齢の方までどんな方にも親しんで頂けるヨーガです。
やることはしっかりと実践する厳しさもありますが、深い呼吸法を基本としているからこそ続けていただけたと思います。

高齢者社会になりつつある昨今、愉しみでもあり、健康の要ともなっているヨーガを多くの方に続けて頂きたいと思います。
以前のブログ:米寿のお祝いをしました~なにわ研修会~

イラン地震復興祈願をルート砂漠で!

中東方面特任講師 Etsuko Suzuki同志(イラン在住)からの報告です
BCE0681F-C01E-4E7F-9B98-81017F45BDEB
イラン・ルート砂漠で復興祈願のヨーガ!
今年も残すところあと数時間、最後の週末の(休日の)金曜日、ケルマンシャー地震の被災復興支援を以って、イラン中央部ルート砂漠に(アブゼイド・アバード)行ってきました。冬至も過ぎ、最高気温16度との天気予報をよそに現地は快晴のすがすがしい小春日でした。コートも脱ぎ、砂丘を踏みしめ、素足に感じる大地の感触を堪能しました。砂がとてもやさしくきれいなのにびっくりしました。ぐるっとどこまでもどこまでも地平線がつづいていました。2307A00C-AEB2-48EB-A6CD-A87D5E0EDFB3
番場先生そして日本のヨーギン・ヨーギニーの皆様、お元気で良いお年をお迎えください。来年は日本・沖縄でお会いできるのを楽しみにしています。

2017年12月31日
イラン在住鈴木悦子

卒寿のお祝いをしました~なにわ研修会~

大阪「なにわ研修会」は、もっとも高齢化が進んだ教室で、平均年齢も更新して現在78歳となっていることは以前のブログでお知らせしました(最高齢は93歳)。庄司さん卒寿20171205-2--

そこで、新たに90歳となられた方を会員全員でお祝いしました。雄弘ヨーガを実践して30年近くになるこちらの方は、益々お元気。30年も通い続けることの意味を感じて頂いているようです。

ヨーガは若い方のものと思われている方も多いですが、雄弘ヨーガはどんな方にも親しんで頂けるヨーガです。かといって、ゆるいヨーガではありません。

やることはしっかりとやる。それでも多くの方に永く続けて頂けるのは、やはり、呼吸法に秘けつがあるのでしょう。

高齢者社会になりつつある昨今、愉しみでもあり、健康の要ともなっているヨーガを多くの方に続けて頂きたいと思います。

以前のブログ:米寿のお祝いをしました~なにわ研修会~

日本庭園でのヨーガ

C3BFC9B3-3ABA-46C4-8240-6A35A2411411
最近、日本庭園を訪れることが多くなりました。

きっかけは、ヨーガに適した会場を探す中で、庭園に併設された開放的な空間が望ましいと考えたからです。

庭園の様式など詳しいことはよくわかりませんが、心を開放し、自然と調和する呼吸を見出し、体験、体得するには、ビルの一室よりも自然な空間が望ましいのは当然です。古代インドの修行者たちは、ブッダも含めて、静かで、心を乱さない空間を求めました。

最初の出会いは、南禅寺の向かいにある無鄰菴。こちらは明治・大正の政治家 山縣有朋の別荘であったところです。庭園を一望できる和室でのヨーガは最高でした。以来、そういう空間を求めて日本庭園を探しました。

先日は清澄庭園、今日は六義園を訪れています。
午後は、肥後細川庭園でのヨーガです。きっと新たな気づきを体感できるでしょう。
自身と向き合える場と時間を有するのはとても大切なこと。

これからも積極的に活用させていただきます。

「日本庭園で行うヨーガ〜雄弘ヨーガ目白台〜」が発会しました。
場所 肥後細川庭園(文京区目白台1-1-22)
時間 14:00〜15:30
講師 番場裕之 他
会費 2,000円(税込)
日程 12月12日、1月9日、1月23日
※1月以降は月2回を原則とする予定です。

主催 日本ヨーガ光麗会 info@yoga-korei.org

→予定表サイトを作成しました

秋の庭園で雄弘ヨーガを愉しむ会

秋の庭園で雄弘ヨーガを愉しむ会
都心のオアシス「肥後細川庭園」で雄弘ヨーガを愉しむ会を開催します。
秋深まりつつある自然を感じて、マインドフルネスに行じます。
ヨーガの後は庭園散歩を楽しんでください。

11月7日(火) 14:00~15:30
肥後細川庭園 松聲閣 和室「菊」「朝顔」
〒112-0015 東京都文京区目白台1-1-22 地図
会費 2,000円  講師 番場裕之
問合せ:メール:info@yoga-korei.org
肥後細川庭園のサイトはこちら