聖紐 Upavītaの令和版に取りかかります

B7E05A9A-0334-419D-94D2-2D835968B2C2
聖紐 Upavītaの令和バージョンの依頼のために、30年ほど前からお世話になっている京都の某法衣店を訪れました。各本山御用達のお札が並びます。
歴代バージョンを眺めつつ、令和バージョンを検討します。
3枚の画像は歴代の聖紐。左の平成5年版(1993)以来、さまざまなバージョンが世に出ました。
右のは私が用いる儀式専用のもの。
令和版の登場が楽しみです。

※聖紐 Upavīta は、インドの伝統の中で、学生期に入る際に師匠から授かる聖なる紐です。その思想的伝統を受け継いで、ヨーガに携わることになった願い、誓願を込めて常に身に着けて実践するようにおすすめしています。

360CCDF6-9C6D-4913-9AB0-C98AB5FA0DCF665D96CA-D99A-4C60-A936-BB101CE95BFE

新年、あけましておめでとうございます。


あけましておめでとうございます。
本年も雄弘ヨーガを宜しく御願い致します。

「道」を示すものにとって、師匠は特に重要な意味を持っています。
師匠が何を見て考え、何を示そうとされていたかということが、その「道」そのものといっても過言ではありません。

雄弘ヨーガでは、先代雄弘師、その師匠・佐保田鶴治祖師という偉大な師匠を頂いています。
師匠方からは亡き後も多くの示唆が、一門の実修者にあまねく降りそそがれていることでしょう。

今年皆様に提示した「淨菩提心」は、佐保田鶴治祖師から下されたお言葉です。

菩提心は、仏教におけるさとりを求める心を示しています。本来は、自分がさとりを求めて仏の智慧を獲得しようとする心のことをいいます。
しかし、自分のみが苦悩からか解放されて完結するものではありません。それは、自分以外のより多くの人々の苦悩をも解放しようとする心でもあるわけです。
そういう意味では、菩提心は、自他共に多くの人々に真の喜びをもたらす心といえるでしょう。

特にヨーガの場合は、自身に働きかける実践が非常に大きな意味を持ちます。その結果、往々にして、自身の安穏を優先させるようになることがあります。
そうした自己中心的な心のはたらきを見極めて、ヨーガによって菩提心を育むようにあってほしいという、師匠からの教えの言葉なのです。

菩提心は、清らかな功徳を養い育てるところから、ゆたかで良質な田地のようだと喩えられます。ヨーガでその田地をゆたかに育ててほしいという願いが込められたものです。

そして、さらに「淨菩提心」と記せば、さらに奥行きのある意味となってきます。そのあたりは、追って、研究会などでお伝えしていくこととしたいと思います。

雄弘ヨーガを実践して、菩提心を育んで師匠の願いに近づける一年となるよう、ともに歩々直入して参りたいと思います。

どうか一年間、宜しく御願いします。  合掌

令和二年庚子元旦

雄弘ヨーガ・イラングループ ワークショップ2019秋期 yoga life style

雄弘ヨーガ・イランの鈴木講師から活動報告がありました。国、地域が違うとまた一味違った雄弘ヨーガがあります。以下引用してご報告します。

イランの秋は短いとわかっていながら突然の冬の到来です。毎日天気予報と睨めっこでヨーガツアーの出発日を2度も替えた甲斐があり、先日イラン最高峰ダマバンド山(5671m)近郊の町・プルールへヨーガ・ツアーに行ってきました。

現地は気温9度前後という寒さの条件ながらも、ヨーガクラスの教友たちの家族・友人での参加者も多くミニバス2台の多勢となります。

早朝ヨーガは家の周りで、、、木々で囲まれ、そして近くの山々を目にしながら、うなじを引き上げる、背骨を捻る、体側を伸ばすヨーガなどを立位で行いました。目の前の木々のように指先から足先まで気のエネルギーが行きわたります。

朝食の後、小1時間ほど穏やかな丘登りといったウォーキング、右手には時々雲で見え隠れする真っ白の新雪で覆われたダマーバンド山が見えます。

誰一人いない平原でのヨーガ、音と言えば、ほんの少しの雨のとき雨粒がヨーガマットに当たる音がするだけ。雨粒が顔に当たるのさえやさしく気持ちの良いものでした。足や寝て背が触れる大地もやさしく、大空に吸い込まれ、ゆったりとした息・プラーナが体中に行きわたるようです。

ランチはパンツェと呼ばれる野菜スパゲティとちらし寿司、そしてフルーツパンチ、すべて教友たちのホームメイドです。

帰路ヴィラの門を出ると再びダマバンド山がくっきりと全景を見せてくれました。
ナマステ

中東方面特任講師 Etsuko Suzuki

立命館大学交友会報で雄弘ヨーガが紹介されました

立命館大学交友会報「りつめい」(No.278, 2019年10月号)で雄弘ヨーガが紹介されました。

紹介してくださったのは、当会公認講師の小野守通さん。
ヨーガがどれだけ大切な存在で、どれほどの恩恵をもたらしたかを書いてれれます。

皆さんも是非読んでみてください。

雄弘ヨーガの実践セミナーのご報告

去る7月27日、京都・聖護院御殿荘にて、雄弘ヨーガの実践セミナー~瑜祗雄弘大師を偲んで(十七回忌法要)~を開催致しました。

北は秋田、新潟、福島の各県や三重や徳島県まで、遠方から多くの参加を頂き、約90名の方々と一緒に開催できましたことを、とても嬉しく思っております。

「やっぱり反らなあかん!」という先代遺言のひとつを参加者全員と共有し、反らせる実践各種に挑戦しました。

また、反らせるには、反りとしなり(撓り)の側面があることと、それは呼吸にも深く影響するということを確認しました。

さらに、多くの地方の方との交流ができたことも大変良かったと思います。

来年は、会場を高野山に移して、5月に開催する予定です。

52ED5E70-820B-4A7F-A8DA-2FE62BBFC9C5 547B0E3D-E8C0-4D9F-B231-A0EFA52B195C

C5FF8856-B42A-42A9-AA62-5EE942EBDF71 C719657C-37F2-4406-9077-43E66BD774A9

D386D296-E5D9-43F0-BF25-57F25A428B2E

イラン🇮🇷で国際ヨーガデーのイベントが開催されました

雄弘ヨーガ・イランの鈴木講師(中東方面特任講師)から、国際ヨーガデーのイベントを開催したと報告がありました。以下に引用します。

“IDY” 5th International Day of Yoga in Tehran
今夏、イラン南部(アフワーズなど))では67度と言われるほどの酷暑を迎えています。
イランの暦ではいまだ春月!(ホルダード月)、とは名ばかりの6月21日、“IDY” を記念する呼吸ウォーキング・雄弘ヨーガの集まりが催されました。

大木は少ないながらも、ウォーキングそして土の上でのヨーガもほぼ木陰で過ごせた一朝でした。
緑の中の早朝ウォーキング、特に土の上でのヨーガは格別です。爽やかな空気の出はいりは静かでゆったりとした気・プラーナを感じさせます。
土の上にマットを敷いてヨーガ。ヨーガの後はいつもしばらく時が止まったように感じました。
CC810F2C-41F0-47FB-ADAB-437A854D44FD
E0F47614-509E-4D3A-AD0D-B6D053648193
663EA5BD-035F-405E-9FBB-25C269FA49F6

番場一雄(初代瑜祗雄弘)師の指導動画 1991年1月19日

雄弘ヨーガの創始者、番場一雄(初代瑜祗雄弘)師の指導動画です。独特の説法に惹きつけられます。
これは東京タワーの麓、芝の増上寺での研修会風景です。1991年1月19日(土)、28年前の映像です。
7月27日に開催予定の雄弘ヨーガの実践セミナー(京都・聖護院)では、もっとしっかりとお見せできると思います。

雄弘ヨーガの実践セミナーはこちら

Youtube 動画はこちらをクリック

雄弘ヨーガの実践セミナー~瑜祗雄弘大師を偲んで(十七回忌法要)~を開催致します。

IMG_7670 IMG_7671 IMG_7672
来る7月27日(土)、京都・黒谷の聖護院において、雄弘ヨーガの実践セミナー~瑜祗雄弘大師を偲んで(十七回忌法要)~を開催致します。
深化し続ける雄弘ヨーガを確認し、師匠を偲びつつ同志と語らいたいと思います。
日程は27日のみですが、遠方から起こしの利便を考慮して、宿泊できるよう手配しています。
ふるってご参加ください。

新年、あけましておめでとうございます。

年賀状2019ネット公開用

あけましておめでとうございます。
本年も雄弘ヨーガを宜しく御願い致します。

近年、呼吸(息)について深く感ずるところがあり、数年間呼吸の洞察を深めてきました。時には、自身の体験を頼りに、時には『ヨーガ・スートラ』など古典文献を頼りにして、最終的に至ったのがこのことばです。
超越呼吸へ_修正このことばが最適なわけではないのですが、これ以上表現しようがない、いわば現時点で納得のいく表現だと感じているものです。そして、もうひとつこれをエッセンシャルに表現したキャッチが、“Breathing 4+” です。

この両者の最大の示唆となったのが『ヨーガ・スートラ』2-49偈です。

超越呼吸skt「その時に、吸気と呼気の動作を中断することが調気法である。」

『ヨーガ・スートラ』でいう調気法(プラーナーヤーマ)の定義は、吸気と呼気の動作の中断を意味します。これはどういう意味かというと、決して呼吸の動作を止めるという保息(クンバカ)や単に調えるというものではなく、こころの調えられていない平時の世俗的な呼吸を切り替えて、上質な呼吸へとバージョン・アップすることを意味しています。それは世俗呼吸の超越であって、また同時に世俗心理の超越でもあります。そして、その状態に導く作法のことを『ヨーガ・スートラ』では調気法(プラーナーヤーマ)と言ったのです。

また、『ヨーガ・スートラ』2-50偈には第四の呼吸が説かれています。調気法(プラーナーヤーマ)の対象となる呼吸の上位概念を示したものです。さらに、雄弘ヨーガにおける基本の呼吸技法は「四つの呼吸」ですが、それの四種をも超越してしまおうという理想をかかげて、”Breathing 4+”というフレーズが湧出されたのです。

雄弘ヨーガの思想と技法によって、「その息を超越させる」べく、同志等と共に日々精進していこうと思います。
どうか一年間、宜しく御願いします。  合掌

第二代目瑜祗雄弘2019

雄弘ヨーガイランのポスター 呼吸と動作の一致と「極」

1F55087E-6F26-4CF5-8668-B20B29F63050雄弘ヨーガ・イラン支部が作成した追加ポスターが届きました。

ここで使われるアーサナは、呼吸と動作を究極的にまで一致させたもので、身体と呼吸の緊張の「極」のあるダイナミックなものです。

片手でバンザイをする「胸と脇を開くアーサナ」は、雄弘ヨーガの教室ではほぼ毎回行うもので、呼吸の深まりと胸部の拡張感、肩関節の活性感が得られます。

「究極的に体側を伸ばすアーサナ」は、腰の動きを最大限に引き上げ、血流を促し、腰痛の改善にも効果的です。

下記のYouTube動画に合わせて、実践されてみてください。

胸と脇を開くアーサナ〜雄弘ヨーガテクニック〜

究極的に体側を伸ばすアーサナ〜雄弘ヨーガテクニック〜