雄弘ヨーガ・イランとの交流セミナーin沖縄の予定

2A76EC1D-FDD9-49C4-B4EC-78C89B48DBE8日本ヨーガ光麗会と雄弘ヨーガ・イランとの共催による、(仮)雄弘ヨーガ・イランとの交流セミナーin沖縄を計画しています。

開催日は2018年4月7日〜10日の予定です。詳細が決まり次第、随時お知らせしていく予定です。

日本に生まれた純日本的ヨーガが、海を越え、文化や言語を越えて継承されています。日本からとイランからの参加者で雄弘ヨーガを盛り上げたいと思います。

是非この機会に、沖縄の空気感を感じ取りつつ、雄弘ヨーガのグローバルを身をもって体験されてください。

『心を鍛えるヨーガ』の中国語訳(『鍛鍊心靈 平衡自律神經』)第2版が出版されました

『心を鍛えるヨーガ』(NHK出版)の中国語訳第2版が6月23日に出版されました。
雄弘ヨーガの思想と実践の一端が、異国にまで広がっていくのはとても喜ばしく、
とても嬉しく思います。
中国語圏のお知り合いの方にも、是非ともおしらせ下さい。

IMG_5843 IMG_5844

『鍛鍊心靈 平衡自律神經』
瑜伽入門與進階3:鍛鍊心靈,平衡自律神經(二版)
作者: 番場裕之
譯者:李曉雯,李敏華  出版社:新自然主義
出版日期:2017/06/23 語言:繁體中文
定價:280元  優惠價:9折252元
本商品單次購買10本85折238元

購入サイト 博客來 http://www.books.com.tw/products/0010755012

国際ヨーガ・デー記念 雄弘ヨーガ大会 in テヘラン のご報告

テヘラン在住の雄弘ヨーガ中東方面特任講師の鈴木悦子氏から下記の報告がありました。
各国大使や登山者、俳優の方々など合わせて、280人程集まられたそうです。

IMG_0564 IMG_0566

7月7日、“国際ヨーガ・デー3周年”を記念する雄弘ヨーガ体験集会が、テヘランの北アルボルズ山脈の裾野に聳えるホテルの大ホールで行われました。

雄弘ヨーガのヨーギニーたちをはじめ家族・友人、そしてヨーガに興味を持つたくさん方たちがお集まりくださいました。番場先生のペルシャ語の字幕入りのビデオ・メッセージが放映され、“みんなのヨーガと健康管理”のスローガンの下、全員で雄弘ヨーガの呼吸と易しいヨーガ体操を経験していただきました。
ビデオメッセージYouTubeはこちら

ヨーギニーたちのデモンストレーションでは太陽礼拝(4体位まで)と「片手・両手でバンザイして胸と脇を開く」そして未熟ながらも最近先生から紹介された「究極的に脇を伸ばすアーサナ」を披露しました。また著書『5分でスッキリ 簡単ヨーガで健康に』のペルシャ語訳本の紹介、イランの女優さんに雄弘ヨーガの大使の任命、5人のヨーギニーたちによる経験発表がありました。

参加者からは、「動かしてみて始めていかに体が硬いかわかった」、「呼吸の大切さがわかった」、「一緒に参加していたご主人から遠方だからと中止していたヨーガを続けなさいと元気つけられた」、、などなど聴かれ、実際に体験してもらったことが正解でした。
IMG_0565 IMG_0568

とのことです。日本発の雄弘ヨーガが海を越え、インドも超えてイランで大々的に根付いている。なんて喜ばしいことでしょうか。
現地指導員の鈴木氏の活躍に敬服いたしました。
益々のご活躍を祈念致します。

※把握できたゲストの方々
List of special guests:1. Mr. Tyagi – India embassy in Iran 2. Bulgaria Ambassador in Tehran 3. Elaheh Hesari – Actress (yoga instructor) 4. 6*person rep as Nippon Korei Kai – Iran’s Envoy including Iran Foreign minister’s wife, other actors, actresses, health and hygiene researchers, writers and media and art figures who are actively involved in daily yoga practices.

NHK BSプレミアム「美と若さの新常識」で放送予定 8月10日

8月10日放送予定の『美と若さの新常識』で紹介される予定です。
平均年齢77歳の雄弘ヨーガ教室、「なにわ研修会」が取材を受けました。
最高齢92歳の方までおられる高齢者教室ですがみなさん元気でヨーガを楽しんでいます。
放送を楽しみにしてください。
→なにわ研修会のブログ

IMG_0459 IMG_0417

 

 

 

 

 

NHK BSプレミアム 『美と若さの新常識』→番組ホームページ
8月10日 木曜 午後9時
8月16日 水曜 午後6時 (再放送)

胸と脇を開くアーサナ 動画公開しました

IMG_2669片手でバンザイをするようにして、脇と胸をしっかり開くことができます。
膝を掴んで行うので、背骨のハリを効果的に作り出すことができます。
ポイントは入息に合わせて手を挙げること、その際に指と肘を伸ばして手を挙げること、腕の角度(斜め45度位)に気をつけることなどです。
※音を大きくして呼吸を確認しながら行ってください。
YouTubeはこちら

 

『瑜伽師地論』の呼吸観②~呼吸観察瞑想と調気法~

前回につづいて『瑜伽師地論』(以下『瑜伽論』)のヨーガを見てみましょう。

医療にも活用されている仏教瞑想に起源を持つマインドフルネス。マインドフルネスはもとはブッダが行った呼吸観察瞑想(アーナーバーナサティānāpānasati)に由来するものです。マインドフルネスについては、以前、ブログで書いたので読んでみてください。
ヨーガとマインドフルネスの関係について
IMG_0406
ānāpānasatiはパーリ語で、『瑜伽論』はサンスクリット文献なのでānāpānasmṛtiというサンスクリット語で表されます。āna(入息)とapāna(出息)をsmṛti(注意を向ける、念じる)という実践で呼吸観察瞑想といえます。

『瑜伽論』では次のように書かれています。サンスクリット、玄奘による漢訳部分とともに訳を記します。

tatrānāpānasmṛtiḥ katamā /
āśvāsapraśvāsālambanā smṛtiriyamucyate ānāpānasmṛtiḥ /
云何阿那波那念所縁。謂縁入息出息念。是名阿那波那念。
「ではānāpānasmṛtiとは何か。āśvāsa(入息)とpraśvāsa(出息) を注意の対象として念じることをānāpānasmṛtiという。」

このことから分かるように、仏教ではブッダの頃から、呼吸は観察する対象、瞑想の対象として使われました。マインドフルネスが調整しないありのままの呼吸の様子を観察する理由がここにあります。そこには調える、制御、コントロールするということは含まれません。しかし、呼吸を繊細に見つめていけば、必ず調ってくるものなのです。能動的な呼吸観察による調気法とでもいえるかもしれません。

それに対してヨーガでは積極的に調えることを第一義に説いています。調気法つまりprāṇāyāmaとは「気」のエネルギーを制御するという意味なので、調えるからこそヨーガ的仕方だといえます。しかし、繊細に調えるということには、そこには必然的に観察することが含まれています。観察しながらでないと調えられないからです。その点で、能動的調気による呼吸観察といえるでしょう。

だから、仏教では調気法を説かないからといって、ānāpānasatiで調えず観察する、ヨーガではprāṇāyāmaで調えるが観察しない、という単純なものではありません。

しかし、観察を主とする仏教のānāpānasatiだからこそ至った、秀逸なことが説かれるのです。それが「中間入息」(antara-āśvāsa)「中間出息」(antara-praśvāsa)という考え方です。これは真剣に呼吸を観察するからこそ導き出されたものといえます。

次回は、「中間入息」(antara-āśvāsa)「中間出息」(antara-praśvāsa)について考えてみましょう。

米寿のお祝いをしました~なにわ研修会~

2015年12月庄司さん米寿お祝い

2015年12月庄司さん米寿お祝い

今年90歳を迎えられる庄司さんと先日米寿を迎えられたご婦人。御主人は25年以上、一緒にヨーガを続けられている熟達者です。

ご婦人は80歳になってから始められ、今回88歳米寿のお祝いを参加者全員で行いました。

ここ大阪の「なにわ研修会」は、もっとも高齢化が進んだ会で、平均年齢も更新して現在78歳となっています(最高齢は93歳)。

ヨーガをやることでこころが落ち着き、運動不足も解消されるからでしょう。普段から長い呼吸をしてきたことの賜物だと思います。

多少きつい体位も呼吸法も皆さん頑張っておられます。血管年齢もお陰で10歳以上若い方ばかりで、身心の健康に必須といえます。

2017年6月庄司ご婦人米寿お祝い

2017年6月庄司ご婦人米寿お祝い

年齢の高い方がヨーガを一緒にされることで、60代や70代前半の方も大いに刺激されて、毎回明るく楽しくヨーガができています。

庄司ご夫妻にも益々、ヨーガを愉しんで頂ければと思います。

なにわ研修会の様子はこちらをクリック

『瑜伽師地論』の呼吸観①

呼吸はゆたかに生きるための大切な要素で、ヨーガでも仏教でも呼吸を大切をしてきました。
IMG_5580
呼吸はいのちそのものでもあり、きちっと調えれば心はゆたかになり、瞑想の対象でもあるのです。中国では健康の秘訣とされ、いずれにしても私たちの”Q.O.L”(生活の質)を高度に保つための要なのです。

呼吸、すなわち息は、入息と出息に分かれますが、実はもっと繊細で、「入」にも「入れる」「入る」があり、「出」にも「出す」「出る」という別の側面があります。ですから当然「止」にもに「止める」「止まる」があります。この二面性は呼吸の違う側面で、呼吸の観察や丁寧な呼吸法には欠かせないものです。

またそれだけではなく、呼吸には私が兼ねてから述べてきた「間」というものがあります。呼吸は波なので直線的ではなく曲線的なものです。必然的に「入」と「出」の境目が大切になります。「間」の抜けた、あるいは「間」を大切にしていない呼吸はとても窮屈なものとなって、精神的にも悪影響を及ぼします。

そのことに注目したのが、『瑜伽師地論』(以下『瑜伽論』)という仏教論書に記された「中間入息」(antara-āśvāsa)「中間出息」(antara-praśvāsa)というものです。『瑜伽師地論』は”Yogacācārabhūmi-śāstra“といい、弥勒菩薩の伝承とも言われます。

『瑜伽論』は、かの玄奘三蔵をそのサンスクリット原典を求めるために国禁を犯してまでもインドに向かわせた論書だと言います。その思想は中国で法相宗の唯識思想としてまとめられ、その流れは奈良の興福寺や薬師寺にも流れています。興福寺も薬師寺も法相宗のお寺で、いわば仏教ヨーガの本山だといえます。

次回は、呼吸観察瞑想(アーナーバーナサティānāpānasati)とヨーガの調気法(プララーナーヤーマ prāṇāyāma)について考えてみましょう。

※画像は『大正新脩大藏經』における『瑜伽師地論』の冒頭部。
論者「彌勒菩薩説」と訳者「三藏法師玄奘奉 詔譯」がみえる。

国際ヨーガデー 雄弘ヨーガ体験会~川口~

2017ヨーガデーロゴ
6月21日は国連総会によって制定された国際的ヨーガの記念日、「国際ヨーガ・デー(The International Day of Yoga)」です。

それを記念して「雄弘ヨーガ〜体験会〜」を川口(埼玉)にて開催します。
呼吸を中心としたマインドフルな雄弘ヨーガをご体験ください。
ご来場をお待ちしています。

日時 6月17日(土) 13:20-15:00
会場 川口リリア10階和室:JR「川口駅」西口から1分。地図
会費 無料
講師 番場裕之(日本ヨーガ光麗会会長、早稲田大学人間科学部講師)
問合 info@yoga-korei.org

「国際ヨーガ・デー(The International Day of Yoga)」
インド政府のページ http://idy.nhp.gov.in/static/yogahome

『究極的に体側を伸ばすアーサナ』のご紹介

IMG_4444 動画はこちらyoutube

『究極的に体側を伸ばすアーサナ』のご紹介。
背骨を中心とした体の動きには、「前屈(屈める)」「後屈(反る)」「ねじる」「体側を伸ばす」があります。背骨を前後左右と回転という視点で表したものです。このうち、「後屈」と「ねじる」姿勢はいずれも反らせることを含んでいる点で共通点があります。

「前屈」と「ねじる」はしっかりとした動きではないにしても、日常生活の中でも無意識におこなっています。「反る」はあまりすることなく、「体側を伸ばす」はほぼないといえます。

これらの動きの中で、最も動かしにくいのが「体側を伸ばす」なのです。立位で体側を伸ばすアーサナは比較的行いやすいですが、この仕方だと最も付け根の部分、腰骨のすぐ上の部分はあまり活性しません。ここで紹介する仕方で行えば、腰の最も動かしにくく、血行も滞りやすい箇所を活性化することができます。これにより、腰痛や腰部の不快感、倦怠感などが大幅に改善されることでしょう。

効率的にその効果を実現するには、ただ曲げ伸ばすのではなく、ねじりを加えながら、高次元で背骨と胸のハリ、テンションを維持しつつ行うことが最大のポイントです。このことによって、血行改善と腰部の緊張を高レベルで開放してくれます。

ぜひためしてみてください。